スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.03.07 Friday | - | - | -
俺にピロシキを食わせろ・日本編。

2月15日(月)

本日はカーチャの誕生日で、またロシアっ子宅に集まる。
朝からピロシキ作りの準備しているというのでわくわく。
ぴろしき、という音の響きが昔から大好きなのだが、
実は名前しか知らんのです。
どんな物かも知らんし、無論食べた事もない。


部屋に着いたら、目下製作中だった。

カーチャとレラ、生地をこねこね。


イースト買いに近くの商店へ行ったら、
何故かロシア製のものが置いてあったらしい。
謎すぎる。

ロシアの品物とか、普段全然売ってるの見た事無いのに、
もろ輸入品のイーストがその辺の商店にあるという不思議。


カーチャに皆で誕生日プレゼント贈呈。

いつも皆でお金を出し合って面白い物をプレゼントしてる。


プレゼントは、シルバニアファミリーのお家。

元々人形だけ持っていたので、お家(というか幼稚園)を
上げる事にしたそうな。
中国でもシルバニアファミリー売ってるのだねぇ。


真剣に組み立てるカーチャ。

私も小さい頃ちょっと欲しかったのだが、
高いもんだから別の似た人形を買ってもらった記憶が。
「小さい頃、この人形持ってた?」と聞いたら、
「持ってなかったわ。だから今買ってるの。笑」 やっぱりね〜。
ロシアっ子達はこういうおもちゃ類が大好きで、
部屋中に色んなおもちゃが溢れている。ただ飾るものより、
基本的に動かして遊べるものが好きみたい。


焼きあがったピロシキ。中身はジャガイモや椎茸など。

多分、日本人が想像するピロシキとは可也違うと思うんだけど、
フライパンで焼いてるんでこうなる。
フライパンかオーブンか、焼き方にも種類があるそうだ。
後から色々調べたら、日本では揚げたものが多いらしいすね。


付け合せのサラダ。

どんぶりに山の様に盛ってくれた。うまーい。


作りながら同時進行でつまんでたんだけど、
改めていただきます。
              うさぎ↓

ジャガイモ好きの私にはたまらんある。
5個位食べたなぁ。流石に満腹。


〆は花火で。

また小雨降ってたけど、強行。

2010.04.21 Wednesday | おそロシア? | comments(5) | -
俺にカレーを食わせろ★露西亜編。

2月1日(月)

ロシアっ子宅でカレーを作った。

カーチャ。日本のアニメと音楽大好き。


家で下ごしらえをして、向こうについてから煮込む事にして、
ご飯はそっちで作っておいてねと事前に言ってあったのだが、
着いてから「ご飯は?」と聞くと、みんなキョトーンとした顔をしている。
じゃあ、カレー作ってる間に炊いておいてと言うと、

「えっ!!ご飯ってどうやって炊くの!?」

「前に一度炊いてみたらひどい事になって、
味も最悪で…それ以来作ってないわ…」
 
と4人が4人とも、忌々しい事件を語る様に呟いた。ええええ。
ご飯炊くのにどうやったらひどい事になったのか聞いてみたら、

「炊く時に塩を入れて…」
オオノォォーー!!!そこから違う!!
とにかくお米を買ってきて貰って、炊飯器のスイッチオン。
ロシアの人って余り普通に炊いたご飯を主食にすることはないらしく、
大概はお粥かマッシュポテト等を食べる様子。部屋に炊飯器はあるのだが、
主にお湯を沸かすために使っているという。
何か色々ツッコミ所がある。


ややあって、カレーもご飯も出来上がった。炊飯器の蓋を開けたら、

「わあ!!これは正にご飯だわ!!」
当たり前でんがな!!

「これからは家でもご飯が炊けるわね!」
うんうんそうしてみておくれ。
カレーを前に大はしゃぎする4人。良かった。作った甲斐があったなり。


マリーナ、マリアーナ、レラ、カーチャ。



今回は日本のものを色々紹介しようと思って自分のノートパソコンを持参。
カーチャが前から結構BUCK-TICKに興味がある様なので、色々見せてみた。
素顔が見たいというので、昔笑っていいともに出演した時の映像を見せたら、
「わ、かっこいい!化粧しないでこんなに綺麗なんだ。悪くない!」
「アツシは化粧しない方がいいわね。
化粧をとったら余計綺麗になるなんて珍しいわ」
と、皆で画面凝視。この映像ちょうだい!と言うのでUSBメモリにコピー。
「ロシアにも綺麗な男の人いっぱいいるじゃない」と言ったら、
顔をしかめて 「いることはいるけど、芸能人の顔はひどすぎ」だそうだ。
レラの母国エストニアの写真をネットで見たら、美男美女ばかりだったけどなぁ。


ヨーリック。おとなしくて良い子。あ、仮面に耳が付いた…。



以前カーチャにBUCK-TICKのdarker than darknessのCD等を
あげたのだけども、 よく聴いてくれているらしい。
「この中の曲何曲かアニメの主題歌になってたよね。聴いた事あったわ」
「ドレスってトリニティブラッドのOPでしょ?」そうそう。色んなもの見てるねぇ。
「あと、この曲はヘルシングのOPだよね?」え。それは知らなかった。
ヘルシングのアニメは2種類あるけど、片方しかちゃんと見てないからなぁ。
カーチャはトリニティ…を見てから、日本のアニメを見る様になったらしい。
ただ、満場一致で「でもあれ面白くないよね」と言ってて、全く同感。


うさぎも飼ってます。人懐っこい。

キュウリもぐもぐ。もぐもぐもぐ。
彼女達が日本語で「うさぎー」と言ってるのが可愛かった。


レラは陰陽座のギターが好きなので、筋少の橘高ちゃんはどうかなと思って
紹介してみたが、大槻ケンヂの歌唱力がネックになりすぎてギターの魅せ場まで
届かず。 ですよねー。大方の予想通り玉砕。


アルパカさん。



続いて、皆知らないというので聖飢魔を見せたら大ウケ。
特にドラムのライデン湯沢殿下とベースのゼノン石川和尚が可愛いと大人気。
髪がふっさふっさしてるのがいいらしい。二人ともいかにも歌舞伎な風貌だしなぁ。
閣下のふはは笑いも可愛いらしい。海外の番組で閣下がインタビューを
受けてる内容でも爆笑していて、やっぱり聖飢魔兇漏姐饋優Ε韻いいんだなと
改めて納得。

この曲知ってるかなと思って、ライブでゲゲゲの鬼太郎を演奏している場面を
見せたら、 何と一緒になって
「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲー♪
みんなでうたおうゲゲゲのゲー♪」

と歌っていてびびった。
やっぱり知ってるんだなぁ。しかも歌詞までちゃんと歌えるとは…。


お茶うけに出てきたグミの山。

…って、
これはペットフード入れでは。


後は、吉田兄弟も好評。全員最近のポップスはあんまり好きじゃないらしく、
聴くなら古い曲がいいそうだ。ヴィジュアル系も最近の人は全く好きじゃないそうで、
私も昔のしか分からないので嗜好の幅が近くていい感じ。 
紹介したのがMステの映像が多かった上に、笑っていいともまで見たので、
度々出てくるタモリの姿に「うわ!またなの!?」と爆笑していた。
色々話し込んでたら知らぬ間に夜になっていてびっくり。
日本のサブカルチャーは侮れないなぁ。


部屋のトイレの電気が壊れてしまったそうで、
暗くなってから行く場合は頭にこれを付けてくれと言われた。

どこに探検にいくんだっっ!!

2010.03.11 Thursday | おそロシア? | comments(0) | -
ろしあんこしあんつぶあん。

1月5日(月)

エストニア
レラと一緒に派出所に学外の居住申請に行く。
また、バンゴンシーが教えた場所の派出所に行ったら、
別の地区の派出所に行けと言われ、無駄足踏んで時間を浪費。
………。バンゴンシーの言う事はもう信じないぞ。
帰りに彼女宅でロシアっ子達とわいわい話していたら、
夕方になって雪が降ってきた。


雪の中はしゃぐベラルーシ人イリーナ。

私は寒くてそれどころではない。年取ったなーはは…。



レラとイリーナと雪の中ご飯食べに行ったら、地面が滑るのに
物ともせずガンガン早歩き。流石ロシアっ子は雪に慣れてるのう。
イリーナは学内で留学生の催し物がある度に、司会等をしている。
美しいブロンドの髪を最近黒髪に染めて、久々に出会った時
誰か分からなかった。黒髪にしてから日本人の知り合いに
顔が似ていて、親近感湧いた。


結構大振り。短時間で結構積もった。




最近ロシアっ子と行動する機会が増えた。
正確には、ロシアベラルーシエストニアの子達なのだが、
基本的に行動基盤、生活の仕様、思想、性格等がそれぞれとても似ている。
みんなツンデレな感じで、基本的に内向的な性格。
仲の良い人間の他には無愛想で殆ど笑顔は見せない。
積極的に他国の人間と係わろうとはせず、加えて、もし同じ留学先に
同胞たるロシア人が居た場合、他国に対してよりも更に距離をおくという
心理が働くそうなのだが、うまが合う同胞とは四六時中一緒に行動する。


そんな彼女達、美女揃いなので留学当初からずっと気になっていて、
「クールビューティー」と名づけて目の保養をさせて頂いていた。
ややあって近頃彼女達と一緒に居る時間が増え、
今まで見えなかった一面が次々と見えてきた。
仲良くなると全然クールではなかった。
デレの連続や!!
お茶目っ子ばかりや!!
ギャップに胸キュンやー!!!
よくよく彼女達と話し込んでると、それぞれが私の昔馴染みの日本人達に
話し方や表情が凄く似ていて、とても不思議な感じがした。


日本の文化がとても好きな子ばかりで、
彼女達の部屋は日本アニメのポスターやフィギュアだらけ。
武漢で特注でコスプレ用の日本刀や服を仕立てちゃってる位。
しかも秘かに日本語もちょっと勉強していたりする。
彼女達がここまで日本の文化を 熱愛して、よく理解しているとは
思いもしなかった。だって、常々日本人とも殆ど関わろうとしないし、
寧ろ日本なんて嫌われてる位かと思ってましたがな…ほんとに。


カーチャが黒執事好きらしいので、家にあった単行本をあげた。

買ったはいいが帰国時に持って帰る余裕もなさそうなので…。
彼女は赤い髪の死神のキャラ(名前忘れた)が大好きで、
パソコンの壁紙にしてたりする。他のキャラクターも
全部名前覚えててびっくりした。私は全然覚えてない。


マリーナ曰く、アメリカ人やフランス人とかとは
余り性格が合わないのだけど、ドイツ人や日本人とは

考え方が似ている所があって話しやすい感じがする。
それから、中国人はドイツ文学に理解がある人がとても少ないけど、
日本人にはドイツ文学に共感出来る人って結構居るんじゃない?…と。
ドイツ文学については知識が無いが、ああ成る程なと思う所があった。


確かにドイツ人も、基本的には向こうからは関わって来ようとせず、
仲良くない人間には全く愛想が無くって、クスリとも笑わない。
(一人だけ、規定外のぶっとんだツワモノがいたけども…)
ほぼ同胞と四六時中行動する所とか、ロシアっ子とかぶる。
なんちゅうか内向的な部分も多々感じるし。はじめの壁が厚い。
よく、ドイツ人と日本人は性格が似ているなんて言われているらしいが、
ロシアも意外と近いのかも。
なんかそんなん色々考えてると、人種の違いって、
そもそも動物として、犬猫の品種の違い位の差しか無いのだよなぁ。
犬猫は品種の区別無く共にうまくやっていけるのに、
ヒト化は国家とか政治とか言語とか文化とか色々大変ざんすー。


レラとカーチャが飼ってる猫、ヨーリック。

凛々しい顔してるのう。


今、中国と言う国に皆一時的に間借りしてる状態で出会って、
母国語でない中国語を媒介に話している事がまた良いのだと思う。
だからお互いが非常に客観的に立ち位置を把握出来るというのもある。
圧倒的多数の中国人と、ごく少数の外国人という対比があるから、
外国人同士がシンパシーを感じやすいのだよねぇ。
「中国人はどーして食事中に痰を吐くんだぁ!!」とか、
「武漢の天気の変化に耐えられない〜!!」とか、
共通のジレンマが必ずあるから。

2010.03.11 Thursday | おそロシア? | comments(0) | -
| top |